歯科治療用レーザー

yag1.jpg
当院では歯科治療用のレーザーを導入しています。

歯科治療用レーザーは利用範囲の幅が広く、歯周組織の治療をはじめ口内炎や歯周炎の処置、抜歯後の照射などの治療で使用しています。また上唇小帯や頬小帯の切除等で使用する場合もあります。

いずれの治療においても、レーザーの使用により治療の精度を高めるとともに、低侵襲のため患者様への負担を軽減することが期待できます。

当院で使用する歯科治療用レーザーは、水分を含んだ生体組織に対する蒸散能力が高く、熱の発生が少ないため「痛み」を少なく抑えられることが特徴です。
yag01_03.png

レーザーを使用することで出血や痛みを抑えることが可能となり、治癒効果も高めることができます。痛みに弱い方や出血が苦手な方、お子さまの治療に特におすすめです。
また殺菌効果も高いので、再発予防にも効果的です。

治療イメージ

軟組織から硬組織まで幅広い治療に対応でき、硬組織疾患、歯周疾患、軟組織疾患のさまざまな使用目的と効果・効能が薬事承認されています。

硬組織疾患(効果:蒸散)

yag01_04.gif う蝕除去
くさび状欠損の表層除去

歯周疾患(効果:切開、蒸散)

yag01_05.gif 歯周ポケットへの照射
歯石除去
歯肉整形
ポケット掻爬
フラップ手術

軟組織疾患(効果:切開、止血、凝固、蒸散)

yag01_06.gif 歯肉切開・切除
口内炎の凝固層形成
小帯切除
色素沈着除去

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております