リグロス®を用いた歯周組織再生医療

regroth_a01.jpg
リグロス®は細胞を増やす成長因子を成分とし、この成長因子の作用によって歯周病で破壊された歯周組織の再生を促進する治療法です。

歯槽骨の欠損部にリグロス®を塗布し、歯を支えとなる歯周組織の再生を促します。

歯周組織再生のイメージ

regroth001.png

リグロス®は歯周病によって破壊された歯周組織の周囲にある細胞に対して増殖促進作用をもち、血管新生を促進します。
増殖した細胞は骨芽細胞、セメント芽細胞へと分化します。
これらの作用により、歯槽骨などの歯周組織が再生されます。

進行した歯周病でも歯抜をせずに治療出来る可能性があります
歯周病は進行するまで自覚症状の少なく、気付いたときには病気が進行して、歯を支える歯槽骨などの歯周組織が破壊され、歯抜をしなければならない場合もあります。

歯周組織再生医療は、歯を支えている歯周組織を再生する治療法です。
これにより、進行した歯周病でも歯抜をせずに治療できる可能性があります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております