«  2018年5月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2018年5月10日


こんにちは!なかの歯科のスタッフです。ゴールデンウィークも終わってしまいましたね‼みなさんは充実したお休みを送れましたでしょうか?

私はゴールデンウィークはほとんど趣味のスポーツ観戦をしていました‼
なかでも、最近ハマっているのがバスケ観戦です‼茨城県には茨城ロボッツというチームがあるのをご存知ですか?
もともとはつくば市が本拠地でしたが、昨年から水戸市が本拠地となり、そのまわりの市町村もマザータウンとして体育館などが試合会場になったりしています‼
5月5日と6日に福島県のいわき市でアウェイの試合があったので場所が近いこともあり、5日に見に行ってきました‼
IMG_20180516_090124.jpg


チーム16連勝と調子がよく、この2日間を勝ち続けるとリーグ優勝+B1昇格へのプレーオフ参加権利(現在チームはB2に所属していてプレーオフで優勝すると上のカテゴリーに上がれるのです)がもらえます‼なので、絶対負けられない試合でした。
5日は勝つことができ、17連勝となりましたが、最終戦の6日は残念ながら負けてしまい、優勝、プレーオフ参加権利は惜しくも逃してしまいました。来季もB2としての参加ですが、頑張ってほしいです‼
IMG_20180516_090114.jpg

ゴールデンウィークなどの長期休みになるとどうしても食生活が変わり、歯磨きなどのお手入れが疎かになってしまいます。できるだけ、休日も手を抜かずお手入れをし、虫歯、歯周病予防に努めていきましょう!

2018年4月26日

こんにちは(*^^*)なかの歯科のスタッフです。

暑くなったり、肌寒い日があったり、疲れを感じやすい季節ですね。
そして!ゴールデンウィークもいつの間にか今週末に!
今年の連休を利用して、初めての1週間ファスティングにチャレンジしてみようと思ってます(*^^*)
いろいろスッキリできると良いのですが(^^)


ここ数年で、増えたなぁ~と思う患者さんのコメント。

「いい年して 恥ずかしいのですが、歯医者が怖くて...」
歯医者が怖いのに 年齢は関係無いです。得意な人の方が珍しい!

「過去の経験から 歯医者に行けなくなってしまって...」
わかります!私も幼稚園児の頃、歯医者さんで鼻血を出した経験、昨日の事のように思い出します!

「痛みに弱くて...」
強い人の方が珍しいのでは?

ほとんどの人が 歯医者さんは苦手でしょうし、歯医者に来て それを我慢しながら治療を受けているなら相当なストレスでしょう。
多分、昔から同じように思っている人は多いはず。
最近 多く感じるのは 、打ち明けてもらえるようになったから。

歯医者さんでは あるある話 なので、遠慮なく打ち明けて良いんですよ(^^)

基本的には 痛みを伴う治療は表面麻酔&浸潤麻酔。
ちゃんと効いてくれたら、問題なく治療できます。

ただ、恐怖心が大きいと 音に感覚、五感全てが敏感になり やがては「痛い事されるんじゃないの?」とシックスセンスまで敏感に...

なるべく リラックスして頂けるように心がけてはいるのですが、どうしてもドキドキしてしまうなら、笑気麻酔もできますよ。

全身麻酔ではないので、完全に意識か無くなる訳ではありません。
だから、深い虫歯治療はやっぱり注射の麻酔も合わせて使います。

ただ、笑気ガスを鼻から吸う事で 意識が遠くにあるような、音や感覚が鈍感になるらしいです。
「らしい」と書いたのは、私の体験談ではないから。

大人だけじゃなく、小さいお子さんでも使えます。

そんなの吸って大丈夫?と 思う人もいるでしょうか?

笑気麻酔に使用されるガスは、「亜酸化窒素(N2O)」で 空気中に存在してる窒素と酸素で構成されています。つまり、割合が違うだけで みんな 吸ったことのある気体です。リラックス効果はあるけど、毒性はありません。
さらに、健康保険が適用されます。
3割負担の方で 30分/約800円位でしょうか。

恐怖心が軽減されるので、悩みに悩んで 最初の一歩が出ないなら、1度当院にご相談ください(^^ゞ

ただ、全ての人に使える訳ではありません。
・ぜんそく、てんかん
・鼻呼吸ができない人
・妊娠初期
・局所麻酔薬にアレルギーのある人
・緑内障の人
上記の方には使えません。

何より、患者様の安全が第一ですから(^^)

心配事は我慢しないで相談してください。分からないから恐怖心が大きくなっちゃうんです。

まず、お話しましょうね(*ゝ`ω・)

2018年3月22日

こんにちは、なかの歯科のスタッフです。
卒業式も終わり 桜の咲く頃になりました。
新生活に向けての準備で ウキウキ ワクワクが 伝わって来ます。

大人のう蝕予防ケア 2回目です。
根面露出があるケースです
歯肉退縮の原因~歯周治療と根面う蝕の関係

根面う蝕は歯肉短縮により根面が露出することにより発症します
IMG_0492.jpg

最も多い原因は 歯周病により歯周組織の破壊が起こり 炎症が治まった際に歯肉が引き締まることによるもので 歯周治療と根面う蝕は 密接な関係にあります
歯周治療の結果 骨吸収があった所の根面が露出し そこに根面う蝕ができます
IMG_0494.jpg

歯と歯の間には 歯間ブラシや部分磨き用ブラシ .フロスなど補助的清掃用具の使用が必要になります

根面はう蝕になりやすいので う蝕予防 知覚過敏の予防にも フッ化物高濃度配合の
歯磨剤を上手に取り入れてみましょう。


2018年2月22日

なかの歯科、中野です。
まだまだ寒い日が続いていますが皆様、おかわりはないでしょうか?

私は先日、かすみがうら市の雪入山周辺のハイキングに行ってきました。黒文字平から見える筑波山はとても堂々としていました。
筑波山.jpg

公園からの田園風景のむこうに霞ヶ浦を望む眺望も素晴らしかったです。
筑波山景色.jpg

さて、それでは最近学んだ事をいくつか紹介いたします。

1.CAMBRAを用いた予防実践
静岡市で開業の麻生幸男先生の講習会を受けてきました。CAMBRAとは、2003年にカリフォルニア大学サンフランシスコ校のフェザーストーン教授を中心に提唱されてから米国において標準的な予防プロトコールとして定着しつつあるものです。
カリエスのリスク評価だけでなく、その結果に応じて化学療法などカリエスの管理方法を提案していくものです。

2.口から食べる幸せをサポートする包括的支援スキル
NPC法人 口から食べる幸せを守る会 理事長 小山珠美先生の講習会に参加しました。
口から食べる支援の重要性、食支援スキルの実演も学びました。

3.地域包括ケアシステムに歯科医療はどのようにかかわるのか?
石岡第一病院口腔外科部長 萩原敏之先生の講演を聞いてきました。高齢者の方が、人生の最後まで食べる楽しみと生きがいを持ってもらう為に地域包括ケアシステムに歯科医療はどのようにかかわるべきかの提案を聞いてきました。

2018年2月16日

こんにちは。なかの歯科医院のスタッフです。

インフルエンザの患者数が過去最多を更新して、大流行していますね。
我が家も子どもがかかり、私ももらってしまいました。
幸い子どもは症状が軽く、高熱が出てもすぐに回復したのですが、私は高熱で悪寒と関節痛がひどく、あまりに辛かったので、インフルエンザだというのに、実家にお世話になってしまいました。
動けるようになって自宅に帰ると、なんとその日に主人もインフルエンザになるなんて!
えーっ( ̄□ ̄;)!!
もちろん隔離させていただきました(笑)

やはり予防が大切と痛感しました。
エピオス(2015年4月30日のブログ参照)は次亜塩素酸の作用に強力な殺菌があり、ウイルス等の感染症予防にも効果的と言われています。
接触で病原体が付着することでも感染するそうですから、ドアノブやスイッチ等にも、スプレーしてお使いになるといいかもしれませんね!
インフルエンザのピークは
1~2月だそうですから、まだまだ注意が必要ですね。

みなさまも体調を崩されませんよう、どうぞご自愛ください。

2018年1月25日


こんにちは、なかの歯科のスタッフです。

今週は突然の大雪で大変でしたね!
関東地方では4年ぶりの大雪だとか...
ひたちなか市でここまで積もるのも珍しいですよね。

2018yuki1.jpg

雪道に慣れていないドライバーさんも多いため、あちらこちら事故や渋滞で交通機関もパニックになっていたようです。

今でも日陰には雪も多く残っており路面が凍結している道もありますので、来院の際はお気をつけてお越しいただきたいと思います。

2018yuki2.JPG


また、悪天候な日に予約が重なってしまった...
そんなときには安全第一!
無理に来院せず、予約の日時変更をしましょう♪
診療時間内であればいつでもお電話で受け付けております。

2018yuki3.jpg


まだまだ寒い日々が続きますが、体調には十分気をつつ冬を乗り切りましょう。

2018年1月12日

あけまして おめでとうございます!


なかの歯科医院のスタッフです。

いよいよ2018年がスタートしましたね!年末年始のお休みは、みなさんゆっくり過ごされたのではないでしょうか♪

なかの歯科医院も、1年間お世話になった建物に感謝の気持ちを込めて大掃除を行い、2018年から気分新たにスタートを迎えております♪


私は昨年より、なかの歯科医院のスタッフとなりました。

今日は、歯科の受付について学んだアポイントメントシステム(予約制)についてご紹介します。

当院では、計画的に患者さんの治療が行えるよう、予約制を採用しています。このメリットは、患者さんにとっては、お約束の時間に来院すれば待ち時間が少なく、計画時間によって必要な治療をまとめて行うことができます。また診療側としても、患者さんの治療に必要な時間を前もって計画しておくことができ、治療内容にあった準備をすることができ、より丁寧で精密な治療を行うことができます。

患者さんの計画的な治療には、患者さんにお約束の日時に来院頂き、歯科が計画通り治療するということが必要となり、患者さんのご協力が必要不可欠となってくるのです ☆

とはいえ体調やお仕事で予定が変わることは当然予測不可能ですので、キャンセルや変更の必要が生じた際は、できる限りお早めにご連絡頂けますよう、ご協力よろしくお願いいたします♪

患者さんの不安を少しでも和らげ、安心して通院いただけるよう努力して参りますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします!

2017年12月28日


こんにちは。なかの歯科のスタッフです。毎日、風が冷たく寒い日が続いていますね。インフルエンザやノロなども増加しているとのことなので、うがい手洗いなどの予防も大事ですね。

さて、2017年もあと残すところわずかですが、今年、茨城ということで話題になったのがNHKの朝の連続小説「ひよっこ」です!話の舞台が茨城県の県北地域ということで、そのロケ地に使われていた場所に先日、行ってきました!

bas01.jpg

見ていた方は分かるかもしれませんが、奥茨城村でバス停として使用されていた場所です。撮影の時に使われていたセットがそのまま残っています!

bas02.jpg

茨城県はドラマや映画などの撮影場所がたくさんあるので、この機会にいろいろな場所に行けたらいいなと思っています。

年末年始のお休みに入った方もいるかと思いますが、年末年始、どうしても生活が不規則になりがちです。その生活が習慣付いてしまうと、病気につながることがありますが、実はお口の中の病気、むし歯や歯周病は生活習慣(飲酒、喫煙、ストレス、食生活、運動・休養不足)と深く関係しています。生活習慣を改めて、発病や悪化を防ぎ、歯や口の健康を守りましょう。

2017年10月26日

こんにちは、なかの歯科のスタッフです。

最近、急に肌寒くなってきましたね。
風邪などひかないように、うがい 手洗いしましょうね。


風邪やインフルエンザの予防に*「エピオス」での 「うがい」も効果アリでおすすめですよ(*^^*)
※詳しくは2015年5月のblogに


最近は痛みが無くても、予防やメンテナンスを目的にいらっしゃる患者様も多く、健康への意識の高さを感じます。
ただ、日本人の多くの現実は「虫歯」の原因とされる糖類の摂取量は欧米諸国と比べて少ないのに、虫歯は多い。
その上、成人の8割は歯周病・歯肉炎を発症しています。

お口の健康=歯を磨くだけ
ではきちんとした予防は出来ないんです。

現代の歯科医療が目指す「予防」はお口の条件を整えて虫歯にならないようにすること、よく手入れされた健康な歯肉を保つことです。虫歯も歯周病も「生活習慣病」といわれています。虫歯になった歯を治療しても、原因を取り除かずにそのまま放っておいたら、また同じところが虫歯になります。
歯周病も、生活習慣を改め、定期的にプロのクリーニングを受けて、原因除去に努めなければ 再発を繰り返してしまいます。

なぜ虫歯になったのかを分析する、なぜ歯周病が繰り返されるのかを分析することが必要です。

そこで当院では、唾液を検査することで虫歯や歯周病の原因を分析し、一人一人に必要な正しい予防プログラムをご提案することができます。

検査をすることで、目に見えない自分の良いところ、悪いところ、発見できますよ(*^^*)

2017年10月12日

こんにちは
なかの歯科医院のスタッフです
すっかり秋らしくなり庭のコキアも色づいてきました
kokia01.jpg


今回は大人のう蝕の予防について を書こうと思います
う蝕の予防は口腔内清掃によるミュータンス菌の排除と糖質の摂取コントロールで口腔内pHを中性に維持することがポイントです
さらに歯質のカルシウム脱灰防止と再石灰化を促進するエビデンスが確立しているフッ化物を積極的に応用することがう蝕予防には重要なファクターです
従来う蝕予防のフッ化物応用は小児中心でしたが成人から高齢期にかけてもフッ化物配合の歯磨剤の使用フッ化物洗口液の使用など 口腔内にフッ化物をいかに長時間一定の量を確保するかが重要です
フッ化物の応用は大人のう蝕にとっても予防の要なのです
今まで置いてあったCheck-Up.standard と言う歯磨剤がフッ素の量が増え1,450ppmFになりました
ぜひ予防に使ってみてください
checkup.jpg


ご質問があればスタッフに声をかけてくださいね


なかの歯科 院長 中野啓子 なかの歯科
http://www.shika-nakano.com/
院長 中野啓子

【略歴】
山口県立下関西高等学校卒業
福岡県立九州歯科大学卒業
九州大学小児歯科専門課程修了
茨城県ひたちなか市 なかの歯科独立開業
現在に至る(なかの歯科)

【参加学会】
日本歯科医師会 会員
日本顎咬合学会 認定医
国際矯正歯科 認定医
小児歯科学会 会員
日本歯周病学会 会員
日本糖尿病協会歯科医師登録医