院長あいさつ

院長あいさつ

みなさま、こんにちは。なかの歯科院長の中野啓子と申します。
このたびはホームページをご覧いただきまして有難うございます。
より多くの方に私どもの医院のことを知っていただき、お口のお悩みやケアにお役立ていただきたいと思い、この度ホームページをリニューアルいたしました。

お口のトラブルは、人間にとって最も大切な「食べること」や「しゃべること」に関わります。そのつらさやお悩みは患者さまの数だけさまざまありますが、私どもはどんなお悩みも受け止めて、最適な治療や情報を提供できる医院でありたいと願っております。

そのために、日々新しい情報を広く習得し、技術向上や環境改善につなげること。また、患者さまがどんなことに困っていらっしゃるか、どんなことを歯科医院に求めているかを敏感にくみ取り、その思いにお応えしていくことが責務だと考えています。

これからも、患者さま一人ひとりに合わせたていねいで質のよい治療とメインテナンスをご提供することで「患者さまのお口の健康を守る生涯サポーター」となれるよう、尽力いたします。

今の自分をつくった医局時代

院長あいさつ九州歯科大学卒業と同時に歯科医師となった私は、まずは小児歯科の経験を積むため、九州大学の医局に2年間所属しました。

大学病院では、治療をスタートする前に「まず患者さまのお口全体のレントゲンを撮る」「医局全員でカンファレンスをし、総合的な治療方法を検討する」「患者さまに治療計画をきちんと説明する」これらすべてを行うことが徹底されていました。

そしてその経験は、現在の私の診療方針の礎となりました。どんな症状の患者さまでも、まず全体を診て、悪い部分を治すだけでなく、治療後の健康維持まで視野に入れたサポートを行う。そこまでやれてはじめて「最善を尽くす治療の提供」と言えると思うのです。

開業してからの歩み

院長あいさつその後、勤務医経験も経て平成元年の開業に至りました。開業から数年は「自分がしっかりしなければ」という思いばかりが先行する、がむしゃらな日々でした。学ぶことが元々好きだったこともありますが、それ以上に患者さまのお悩みに何でも応えたい思いが強かったことで、勉強ばかりしていたように思います。

今も学ぶスタンスは変わっていません。周りが見渡せる余裕ができてきた頃、学んだことをスタッフとも共有すれば、もっとみんなで輝ける医院になることにようやく気づいたのです。そして現在は、新しく得た知識や情報を共有する勉強会を行うようになりました。

こう書くと勉強ばかりしている堅物のように思われるかもしれませんが、今は医師としての勉強だけでなく、趣味でピアノや生け花も習っています。時間があるときには、読書や映画を楽しんだり、旅をしたり...。よい仕事をするためのリフレッシュとともに、患者さまとのコミュニケーションにも役立てています。

「選ばれる医院づくり」を目指して

院長あいさつ歯科医療の現場は、日々進化を続けています。これからも新しい知識と技術をどんどん身に付け、患者さまにも、そしてスタッフにも還元していきたいと思っております。それと同時に、これまで大切にしてきた以下の信念を変えることなく「なかの歯科を選んでよかった」と患者さまに言っていただける医院づくりに全力で取り組んでまいります。

<なかの歯科の信念>
・きちんと患者さまのお口のことを把握する
・できるだけ多くの選択肢をご提供する
・きちんと説明をし、患者さまに最善の道を選ぶサポートを行う
・治療後もずっとていねいなケアを行っていく

院長プロフィール

院長あいさつなかの歯科 院長 中野啓子

【略歴】
山口県立下関西高等学校卒業
福岡県立九州歯科大学卒業
九州大学小児歯科専門課程修了
茨城県ひたちなか市 なかの歯科独立開業(1989年)
現在に至る(なかの歯科)

【参加学会】
日本歯科医師会 会員
日本顎咬合学会 認定医
国際矯正歯科 認定医
小児歯科学会 会員
日本歯周病学会 会員

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております