インプラント治療の流れ

患者さまの状態によって、1回の手術で完了する場合と2回手術を行う場合があります。ここでは手術を2回行う「2回法」の流れをご紹介します。

インプラント治療の流れ【STEP1】検査・カウンセリング
まずは、治療の詳細をしっかり説明いたします。ご了承の上、治療に進める場合はCT検査を受けていただきます。検査結果が出たら改めて、インプラントを埋め込む位置や、顎の骨や歯肉の状態、噛み合わせなどを把握し、患者さまと一緒に綿密な治療計画を立てていきます。

当院では、SimPlant(シムプラント)というシミュレーションソフトとサージガイドシステムを用いたガイデッドサージェリーを導入しています。
複雑なインプラント治療の場合は、SimPlantを利用してコンピュータ上で顎の状態を把握し、適切なインプラント埋入の治療計画を立てていきます。
※SimPlantを使用しない場合もあります。

次へ
【STEP2】インプラント埋入
治療箇所(歯のない場所)に、サージガイドを用いて、正確かつ安全にインプラントを埋入します。
※一般的にインプラント埋入後は、土台を入れて冠(人工歯)を付けていきますが、義歯の安定を求める方には、インプラントの土台を入れてその上に義歯を作る場合があります。(「オーバーデンチャー」と言います)

次へ
【STEP3】治療期間
埋入したインプラントが土台の骨としっかり結合するまで待ちます(4~6か月程度)。

次へ
【STEP4】歯肉を切り開く手術
歯肉を切開し、土台を取り付けます。

次へ
【STEP5】人工歯製作・装着
歯肉の傷が回復したら型を取り、色や形の合う人工歯を作ります。

<メインテナンスと定期健診>
インプラント装着後は毎日のセルフケアと、3~6か月ごとの定期メインテナンスが大切です。これによってインプラントの寿命が違ってきますので、医師の指導に沿ったケアと健診を必ず継続してください。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております