「なるべく抜かない」の実践のために

根管治療我慢に我慢を重ね、激痛になってから来院された患者さまの歯は、病巣が象牙質の下の神経まで達している場合が多くあります。神経が侵されると、歯ぐきのひどい炎症で膿が出ることもあるので、速やかに根管治療を行う必要があります。

根管治療とは
重度のむし歯によって神経の炎症が起こった場合、神経自体を除去したり、根管(神経が収まっている管)内の洗浄を行ったりする必要があります。それが根管治療です。この治療の精度によって、患者さまのお口の運命が大きく左右されるといっても過言ではありません。

精度のよい根管治療がなされれば、重症で抜歯するべき歯を守ることにつながります。また、再発によって将来抜歯となってしまう結果を防がなければなりません。そのため根管治療を行う場合には、殺菌と再感染防止に特に万全を期します。数年後を見据えたていねいかつ的確な治療で、患者さまの歯の健康を取り戻すことに尽力します。

厳重な殺菌対応を重視
根管治療は、何よりもまず「殺菌」です。十分な消毒で菌を追い出すことと、唾液などからの雑菌混入を防止する「ダブル殺菌対応」を徹底することが大切です。当院では治療中の感染防止に効果が高いZOO(唾液吸引装置)を取り入れ、慎重かつていねいな治療を行います。

また、根管内治療には強アルカリによって高い殺菌効果が得られる水酸化カルシウムまたは3Mixを使用し、根管充填後土台が入るまでも3Mixでの2重殺菌対策も行います。

●ZOO
長くお口を開けた状態を保っていてもつらさが少なく、歯の周りの水分を吸引し、防湿維持できる器具です。患部から舌や粘膜や唾液の接触を防ぐ効果にも優れています。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております