咬合平面を意識した入れ歯製作。保険の入れ歯でもぴったりフィット

保険診療の範囲内でも、正しい噛み合わせにこだわった、質のよい入れ歯づくりを心がけています。もちろん自費診療の入れ歯も取り揃えています。

入れ歯治療

当院で入れ歯を作られる患者さまの多くは、保険診療を希望されます。保険の入れ歯の場合、自費の入れ歯に比べて制約が多くなります。しかし当院は、患者さまがきちんと噛めて、フィット感のよい入れ歯に仕上がるよう最善を尽くしております。

「快適な入れ歯」を使っていただくためのこだわり入れ歯治療
入れ歯を製作する際に一番重視するべきことは「患者さまが入れ歯をつけてきちんと噛むことができているか」だと考えます。そのためには、入れ歯の咬合平面を安定させ、左右対称の噛み合わせにすることが大切です。

また、実際の入れ歯製作では、必要に応じてゴシックアーチを採用する場合もあります。ゴシックアーチとは、患者さまの顎の動きを計測して、正しい噛み合わせの位置を確認する方法です。その際には、患者さまが持つ顎のずれや噛みぐせの補正もできます。よい噛み合せの実現で、入れ歯が安定し、顎の異常や姿勢改善にまでつながります。

●咬合平面とは
入れ歯製作で正しい噛み合わせの基準とされる、上下の歯が接する面のことです。

製作後もていねいに対応

入れ歯治療入れ歯は、使っていくうちに摩耗して、変形やズレが生じてくるものです。お口にきちんと合っていない入れ歯は、残っている歯や顎に負担をかけたり、よく噛めずに体調不良を引き起こしたりする原因にもなります。必ず定期的なメインテナンスが必要です。

当院では、長く快適に入れ歯を使い続けていただけるよう、ていねいな調整対応をいたしますので、お気軽にご相談ください。

自費診療での入れ歯メニュー

長く毎日使うものだからこそ、見た目や感触のよいものがほしいという患者さまには、保険の入れ歯のように制約がなく、メリットが多い自費診療の入れ歯をおすすめします。

金属床入れ歯メニュー
丈夫で壊れにくく、また義歯床を金属で作るので厚くなりません。食べ物の温度をきちんと感じられ、お食事のときの感触がよくなります。保険適用内の入れ歯に比べれば高くはなりますが、修理や調整が容易なので、長い目でみるとお得です。

ノンクラスプデンチャー入れ歯メニュー
最大の利点は、薄くて違和感が少なく、目立たないことです。金具を使わず半透明の樹脂の弾性を利用して支えていますので、残った歯への負担も少なくなります。ただし、噛むときに最も負荷がかかる部分が樹脂なので、耐久性は若干劣ります。また、状態によっては、歯の噛み合わせのところの一部に金具を使う場合もあります。

インプラント・デンチャー入れ歯メニュー
顎の骨に土台となるインプラント(ネジ)を埋め込み、それに入れ歯を装着するので、ほかのどの入れ歯よりも見た目が自然で、安定するのが特徴です。手術が必要なので、その分費用が高額になり、完成するまでに時間がかかるデメリットもあります。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております