一般歯科

「なるべく削らない」「なるべく抜かずに済む高精度の治療」の徹底で、患者さまの大切な歯を守ることを第一に考えます。

一般歯科

天然の歯は、削ったり抜いたりしてしまえば決して元には戻せません。また削れば削るほど歯が弱くなり、むし歯再発の可能性が高まります。だからこそ当院では「なるべく削らない、なるべく抜かない」治療を徹底しています。

そのためにも、まずは精密検査でお口の中の状態の詳細まで把握し、できるだけ削らず、健康なお口を取り戻すための最善策を検討することから始めます。

見た目の勘だけに頼らず、細かい症状を数値でも把握

一般歯科むし歯といえば、あのキーンという機械で削るもの。そんな印象を持たれている方が多いと思いますが、初期のむし歯はまったく削らず、予防処置のみで経過観察するケースがほとんどです。

しかし軽度なだけに、見た目だけで詳しい状態を判断するのは簡単ではありません。そこで、所見やレントゲン結果だけに頼らず「ダイアグノデント」というむし歯診断装置も併用し、進行状況の数値を参照します。

たとえば見た目は茶色く変色して「治療が必要」と思われる歯でも、この機械で数値を見ると、予防処置と経過観察のみで問題ない範囲の数値だった、ということがあるのです。複数の確認を重ねることで、大切な歯に不要な治療を行うリスクを避けていきます。

●ダイアグノデント
歯質に当てたレーザーの蛍光反射を測定し、隠れた表層化のむし歯などの状態を細かく数値で診断することができる検査用レーザー機器です。当院ではレントゲンなどと組み合わせて診断しています。

なるべく削らない治療

なるべく削らない治療治療が必要な初期むし歯でも、当院ではまず経過観察をする場合があります。歯質を強化するフッ素塗布や、歯の石灰化に有効なMIペーストの併用で改善が図れる可能性があるからです。

「悪いところがあるならすぐ治してほしい」と不安を感じる患者さまもいらっしゃいますが、しっかり進行防止対策を施しますので心配はありません。ただし経過観察とは、一定期間をおいたあとに再診することが前提です。途中で治療をやめてしまうのは危険です。

削らなければならない場合もあります
できるだけ痛くない治療深いむし歯の場合、むし歯菌に感染した部分は最小限削り、削った部分に3Mixを塗り、なるべく歯の神経を温存します。つまり、深いむし歯が歯の神経に近づいたときに3Mixを使用して歯を守るのです。もしも感染歯質が神経までいっていた場合は、3Mixを使わずに神経を取るしかありません。

抜歯が必要な場合でも、患者さまのご希望をきちんと伺って最大限残す努力をし、やむなく抜歯する際は、術後の回復が早まる処置を徹底します。

●3Mix(病巣無菌化組織修復療法)とは
内科で使う3種類の抗菌剤を混ぜた薬です。患部に塗ることで細菌を殺し、歯自身の回復力を活かして歯を救います。最小限削った部分にこの薬を塗り、その上を保護剤で覆ってから修復材料を詰めます。

「なるべく抜かない」の実践のために

根管治療我慢に我慢を重ね、激痛になってから来院された患者さまの歯は、病巣が象牙質の下の神経まで達している場合が多くあります。神経が侵されると、歯ぐきのひどい炎症で膿が出ることもあるので、速やかに根管治療を行う必要があります。

根管治療とは
重度のむし歯によって神経の炎症が起こった場合、神経自体を除去したり、根管(神経が収まっている管)内の洗浄を行ったりする必要があります。それが根管治療です。この治療の精度によって、患者さまのお口の運命が大きく左右されるといっても過言ではありません。

精度のよい根管治療がなされれば、重症で抜歯するべき歯を守ることにつながります。また、再発によって将来抜歯となってしまう結果を防がなければなりません。そのため根管治療を行う場合には、殺菌と再感染防止に特に万全を期します。数年後を見据えたていねいかつ的確な治療で、患者さまの歯の健康を取り戻すことに尽力します。

厳重な殺菌対応を重視
根管治療は、何よりもまず「殺菌」です。十分な消毒で菌を追い出すことと、唾液などからの雑菌混入を防止する「ダブル殺菌対応」を徹底することが大切です。当院では治療中の感染防止に効果が高いZOO(唾液吸引装置)を取り入れ、慎重かつていねいな治療を行います。

また、根管内治療には強アルカリによって高い殺菌効果が得られる水酸化カルシウムまたは3Mixを使用し、根管充填後土台が入るまでも3Mixでの2重殺菌対策も行います。

●ZOO
長くお口を開けた状態を保っていてもつらさが少なく、歯の周りの水分を吸引し、防湿維持できる器具です。患部から舌や粘膜や唾液の接触を防ぐ効果にも優れています。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております