歯や歯ぐきの特性

厄介なことに、歯や歯ぐきの機能はとても我慢強くできています。手や足のように、すりむいた程度で痛みが出てくれればよいのですが、歯や歯ぐきの場合はかなり進行するまで痛みなどのサインを出さずに頑張るのです。当然、自覚症状が出た頃には相当悪化し、長期治療が必要となってしまっています。

初期段階と悪化してからの治療ってこんなに結果が違う!?美しい口元に
口腔内疾病には、主にむし歯や歯周病などがあります。たとえば初期のむし歯の場合、ごく軽度なら、削ることなく軽い処置や経過観察で済むケースがほとんどです。その後も定期健診を続ければ、保険内で健康な歯がキープできるので、お財布にもやさしく済みます。

ところが、病症が根っこの神経まで達してしまうなど、むし歯を悪化させてしまった場合、複雑な治療を長期間行う可能性が高まります。最悪のケースでは抜歯が必要となることも。痛みを我慢した上に、根気のいる長期治療と費用負担でいいことなしです。

まずは、お悩みをご相談ください

カウンセリングをおこなっております